Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

羽生善治 歴代最多 NHK杯動画 平成最初と最後飾る

Sponsored Link

羽生善治 歴代最多 NHK杯動画 平成最初と最後飾る

羽生善治さんが歴代最多で計45回目となるNHK杯で優勝し、18歳の時に平成最初の優勝と今回の優勝で平成最後を優勝で飾りました。

Sponsored Link

羽生善治 歴代最多 NHK杯動画 平成最初と最後飾る

羽生善治さんは、7年ぶり11回目の優勝を飾り、一般棋戦優勝回数45回を達成しました。

平成元年のNHK杯で初優勝したレジェンドが平成最後のNHK杯も制しました。

これで、自らの持つ最多優勝記録を11回に更新し、一般棋戦の通算優勝回数を45回とし、並んでいた故・大山康晴十五世名人を抜いて歴代単独最多。

第68回NHK杯決勝

2019/3/17 第68回NHK杯テレビ将棋トーナメント決勝

解 説:佐藤康光九段
聞き手:藤田綾女流二段

羽生善治 歴代最多 NHK杯優勝 平成最初と最後飾る

将棋の羽生善治九段(48)が17日にNHK Eテレで放送された第68回NHK杯戦決勝で郷田真隆九段(48)を破り、7年ぶり11回目の優勝を飾った。

羽生はタイトル戦を除く一般棋戦の優勝回数が故大山康晴15世名人を抜き、歴代単独最多の計45回となった。

羽生は「まだ対局が終わってすぐなので、あまり実感はわいてない。激しい展開で緊張感のある将棋だった」と振り返り、「平成最後のNHK杯で優勝して、うれしく思っています。1つ前進することができてよかった」と笑顔を見せた。

プロ公式戦は、名人戦や棋王戦など7番勝負や5番勝負で優勝を争う8大タイトル戦と、それ以外の一般棋戦がある。羽生は18歳の88年度にNHK杯初優勝。平成最初と平成最後のNHK杯で頂点に立った。

羽生九段11度目V、平成最初&最後のNHK杯制す
Sponsored Link

羽生善治プロフィール

名前羽生善治
生年月日1970年9月27日(48歳)
プロ入り年月日1985年12月18日(15歳)
棋士番号175
出身地埼玉県所沢市[
師匠二上達也
永世称号十九世名人(襲位は原則引退後)
永世竜王(就位は原則引退後)
永世王位(就位は原則引退後)
名誉王座(就位は引退後または還暦後)
永世棋王(就位は原則引退後)
永世王将(同上)
永世棋聖(同上)
名誉NHK杯選手権者
段位九段

羽生善治 歴代最多に対するネットの反応の詳細です。↓

Sponsored Link

羽生善治 歴代最多に対してのネットの反応

  • ひとつの時代の最初と最後両方とも勝つなんて凄すぎる。この1局に新手を出してくるところに名誉NHK杯としての意地を感じた。まさに一時代を築いた人なので、次代も牽引していってほしい。短手数で負かされた郷田九段の表情も印象的だった。
  • まだまだ若手に負けない所を見せて欲しいな。
  • 無冠になってから、さらに進化を続けようとしてる。どこまでも高みを目指し続ける姿勢、見習いたいです。
  • 4三歩がすごかったなあ。自分の棋力では、全く理解できなかったけど、羽生マジックの復活?
  • 羽生さん、去年はわが町下関(会場は史跡「春帆楼」)にお越しいただき、ありがとうございました。タイトル戦の「通算100期」は達成できず、惜しかったですね。平成の最初と最後に同じ棋戦を制し、あの伝説の大山康晴氏を越えられてよかったですね。
  • 年齢取ってくると早指しって難しくなるんじゃない?まぁ名人戦のような体力使うのも難しくなってくるし。羽生九段がすごいのは間違いない。
  • すごい。
  • タイトル通算100期に向け、弾みがつくと思います。がんばってください。
  • 平成を代表する棋士に相応しい
  • 5二銀は出なかった
Sponsored Link

コメント