Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中年からのジョギングでも認知症予防に効果あり【米ボストン大報告】

健康

ジョギング

運動は身体にいいと誰もが思っていると思います。実際にアメリカのボストン大学の研究者の調査により、適度な運動は認知症の予防になると発表がありました。適度の運動とはどのようなものか調べてみました。

Sponsored Link
Sponsored Link

認知症の原因は?

認知症の原因とされている脳の萎縮を予防するには、
中年からの運動が決め手になると、
ポストン大学のスパルタノ博士が
米国神経学会の専門誌に発表しました。

スパルタノ博士は以下のように言っています。

中年期の運動能力が低いと歳を取ってからの脳の萎縮が起こりやすくなり、逆に中年期に運動をするようにすれば、高齢になってからの脳の萎縮や認知機能の低下を食い止められる可能性があると結論しています。

一般的に脳は歳を取ると萎縮し、
その結果として認知する機能が
低下して認知症を引き起こと言われてます。

そこで博士の研究チームは、
まず認知症や心疾患のない平均年齢40歳の人
約1,500人を対象にランニングマシン
心拍数が一定の数値に達するまで走れる時間
測定比較により運動能力を調べたそうです。

 

20年後60歳で再度同じテスト

40代の被験者に20年後に再度同様のテストを行いました。
その際の脳の状態を磁気共鳴断層撮影(MRI)装置で調べてみると….

心拍数が高く距離が短い人ほど、
脳が萎縮していることが分かりました。

40代の時よりも運動成績が低下した人のうち、
特に心疾患や高血圧の症状がない人では
脳の老化が1年程度だったのが、

心疾患の症状があったり
高血圧の薬を飲んだり
の人では2年分の脳の老化
進行していたそうです。

運動能力と高齢者の認知機能との関連は、
別の研究でも明らかになっているようで、
中年期の運動能力が高い人ほど、
5年後の脳の萎縮も少ないという
研究結果もあるそうです。

 

専門家の報告によると、

「心疾患を持つ人にとっては脳の加齢を防ぐために運動が重要で、特に40代から50代に行う運動で血流が増えて、より多くの酸素が脳に運ばれる。」

 

このように中年からの運動でも、認知力の低下を抑えるようですね。

今からでも遅くないので、運動しましょう^^

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント