切り裂きジャック 正体判明!?職業は?事件解決の経緯は?

Sponsored Link
更新日

切り裂きジャック 正体判明!?職業は?事件解決の経緯は?

切り裂きジャック 正体判明!?というニュースがネットで話題になっています!!

真犯人と言われている人の職業は?それと事件解決の経緯について調べてみました。

Sponsored Link

切り裂きジャック 正体判明!?職業は?事件解決の経緯は?

Sponsored Link

切り裂きジャック犯人発見!

1888年、日本では明治21年で勝海舟が活躍していた頃に、イギリスのロンドンを恐怖のどん底に陥れた連続殺人犯“切り裂きジャック”

今日に至るまで犯人はわかっておらず、世界で最も有名な未解決事件として知られていたが、DNAの解析により、ついに犯人の正体が明らかとなった。

犯人は理髪師だった…

Journal of Forensic Sciencesに掲載された法医学調査報告書によると、切り裂きジャックは当時23歳だったポーランド人理髪師アーロン・コスミンスキーであることがわかったという。

事件の経緯とは?

切り裂きジャックはロンドンのホワイトチャペル地区で1888年8月から11月までの間に、少なくとも5人の売春婦を惨殺したとされる。

容疑者死亡…

犯罪歴、精神病歴があり、ひどく売春婦を憎んでいたコスミンスキーは100年以上前に容疑者として浮上していたが、決定的な証拠に欠け、1919年に強制入院先の精神病院で死亡している。

事件解決の決め手

1888年9月30日、無残に切り刻まれた4人目の犠牲者、キャサリン・エドウッズがシティ・オブ・ロンドンで発見された。

今回、犯人割り出しの決め手となったのは、このエドウッズのショールだった。

遺体のそばに落ちていたショールに付着した血液と精液を採取し、最新の技術による遺伝子検査を実施。

その結果、最も有力とされながらも、あくまで容疑者の一人であったコスミンスキーのデータと合致したのだ。

この調査では犯人の外見の分析も行われ、茶色の髪と茶色の瞳であることがわかった。

これは、事件当時、唯一信頼された目撃者の証言とも一致している。

切り裂きジャック研究者

2014年に切り裂きジャック研究者のラッセル・エドワーズが真犯人の本命として名指ししたが、当時は確証がなかったため断言はできなかった。

前述したショールを2007年にラッセル・エドワーズがオークションで入手した。

これを薬学、生体分子科学者のジャリ・ルーヘリアン博士、リーズ大学で遺伝学を研究するデヴィッド・ミラー博士が譲り受け、今回の調査が行われ解決に至った。

正体判明かな??

DNA解析で、一致したとされるのは通常の私たちが考えてるDNA鑑定である「核DNA」ではなく「ミトコンドリアDNA」であり人物の特定には使えないという指摘もあり、真犯人正体判明には少々疑問も残るのも確かですね。

切り裂きジャック 正体判明に対するネットの反応の詳細です。↓

切り裂きジャック 正体判明に対してのネットの反応

歴史の謎が一つ解けた
DNA検査って凄いね
そのうち顔が判るって話もあるし・・
未解決事件がどんどん減っていって欲しい
すべての未解決事件にDNA捜査で解決してほしい。
DNA鑑定の精度は非常に上がってきていて、かつての足利事件の頃のミスは今ではありえない。というのは実はウソだと思っている。アレ(足利事件)は、当時の精度であってもそもそもありえないほど低い確率の間違いだ。実際には、あれは精度の低い鑑定のせいで起きた誤認ではなく、証拠をアレしてコレして、意図的にそうなったんだと思う。少なくとも確率論では、そのほうがはるかにスムーズに説明がつく。
この記事を読んで思うのは、
「それでも、人間によるミスや捏造冤罪はゼロにはならない。」ということ。
それを発生しにくくするための制度改正の案はある。
証拠を警察じゃなく裁判所に保管させるとか、
全量消費しちゃった鑑定結果は証拠として採用しないとか、
判決が確定した後でもDNA鑑定については原則的にいつでも再鑑定の申請を認めるとか(ただし回数など制限は必要)、
そういうことは今すぐにでも検討すべき。でもDNA検査での冤罪もある。
現在の検査も未来では完全ではないのかもしれない。有力ではあるんだろうけど…
本当は当時に犯人がわかってほしかったけど
今でも犯人がわかってよかった
絶対ではないけど、逆なら怖いよね。嵌めることだって出来るわけだし。現代では骨髄移植した人もかわるでしょ。キメラと言うのもあるし、アメリカかだか何処かで、自分が間違いなく出産したのにも関わらず、他人の子供だと言われ、DNA鑑定したのに、違うと判断され、お腹の中に妊娠している子供を検査したが、違うと言われ、お腹の中のDNAと照合したら合っていた。最も、出産に警察や鑑定人も立ち会ったにも関わらず違うと言われてもね。
おお!
ミステリファンが不謹慎にもあーでもないこーでもないと議論する楽しみは一つ減ったが、実際に救いの無い被害に遭った女性たちがいて、悲しみと恐怖にかられた多くの人々が実在したのだから、真犯人が判明したのは良かった。
沢山存在する未解決事件が、時を経てでも一つでも多く解決していくことを望みます。
そんな大昔の犯人が判明したからどうだというの、と思う人もたくさんいるでしょう。
不謹慎なことを言うなら、切り裂きジャックは現代人にとってのエンターテイメントです。
これまで多くの野次馬が殺人事件を面白おかしく語りつくしました。
本来、犯罪は未然に防止すべきであり、未解決事件は早期解決を望むべきであり、被害者や家族には心からの同情をすべきです。しかし、大昔の事件なら笑い話のネタにしてもかまわない。殺人事件をテーマにした作品は無数にあるのですからね。
4,5年前に、DNA鑑定で「アーロン・コスミンスキー」だと一度特定したが、検証に不備があった。って経緯があったからね。
今回はちゃんと2重検証とかしたほうがいいんじゃないのかな?前回と同じチームだと、前回の結果を裏付ける前提の視点があって、公正に見れていない可能性もあるしね。
現在のDNA鑑定の技術がどの程度のものなのかわからないけど、そんなに昔の血液や精液からでも明確に鑑定できるものなの?
事件に区切りがついたのは良いことかもしれないけど、100年後にDNA鑑定を行ったら違う結果になる可能性もあるかもしれないよね。

Sponsored Link

コメント