Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

里帰り出産 ストレス 先輩ママの5つのアドバイス?

Sponsored Link

里帰り出産 ストレス 先輩ママの5つのアドバイス?

里帰り出産がストレスになる!先輩ママの5つのアドバイスがネットで話題になっています。

実母が母乳にこだわったり、一人目の出産が終わったばかりなのに2人目を聞いていくるなど里帰り出産は意外とストレスが多いようです。

里帰りせずに自宅出産を選んだ先輩ママのアドバイスも含めご紹介します!

Sponsored Link

里帰り出産 ストレス 先輩ママの5つのアドバイス?

里帰り出産 ストレス

里帰り出産 ストレスについてのネット記事は以下のとおりです。↓

里帰り出産 ストレスについてのネット記事

普段の家事に加え、慣れない育児や産後のトラブルに向き合わなければならない出産直後。「少しでもサポートがほしい」と、里帰り出産を考えている方も多いのではないでしょうか。

ところが、久しぶりに実家で過ごすと、実母に対するストレスが絶えない…ということもあるようです。一体どんなことにイライラしてしまうのか、詳しくみていきましょう! 実母でもストレスの原因に?

血のつながった家族なのだから、ストレスは感じない…というわけでもありません。「自分の娘」だからこそ、遠慮なくあれこれと育児に対する口出しをしてしまうことも。「あなたが子どものときはこうだった」「私は自分ひとりで育児を乗り切った」など、なにかにつけて自分視点の話題をされてうんざりするケースもみられます。

また、昔では当たり前だった育児方法が、いまでは異なっていることもあります。それなのに、「育児はこうするのよ」「この方法でしっかり育てられたんだから」と昔ながらのやり方を強制されて苛立つ人も。「今は考え方が違う」と説明しても、理解を得るのは簡単なことではありません。

なんでも言い合える仲、気を遣わない関係だからこそ、遠慮したり相手に合わせたりといった行動はしにくいのかもしれません。その結果、実母に腹立たしく感じてしまうのでしょう。里帰り出産のメリット・デメリットを考える

里帰り出産における大きなメリットは、やはり親にサポートをしてもらえることでしょう。出産した後は、病院までの送迎や始まったばかりの育児、普段の家事など、てんてこ舞いの毎日が待っています。

そんなとき、自分の食事の準備や、お風呂に入っている間の育児をお願いできる人がいる状況は、本当に心強く感じるもの。「私だけじゃない」「助けてもらえる」という安心感は、里帰り出産の強みですね。
その一方、育児に対する価値観の違い、自分が育児をしていた頃の話が多い、親に気を遣ってしまったなど、里帰り出産におけるデメリットも存在します。念入りに入院準備をしておく、いざというときのために陣痛タクシーを登録する、退院後の食事を冷凍しておくといった対応をしてくと、「里帰りをしなくても乗り越えられる」という声も。

「出産=里帰り」と決まっているわけではありません。どちらが自分に向いているのか、しっかり吟味しておきましょう。

実母にストレスを感じるのはどんなときか?

では、実際に「実母にストレスを感じた」という女性に、詳しいシチュエーションを聞いてみましょう。

「かわいそう」を連発

お風呂上がりもちゃんと授乳しているのに「のどが渇いてかわいそう」「湯冷ましを飲ませて」と何度も言われました。あまりのしつこさにイライラ。勝手にかわいそうと決めつけないでほしいです。

 母乳にこだわる

母乳が出づらく、マッサージや薬の服用を試みたものの、十分な量が出ませんでした。病院では「ミルクでも大丈夫」と言われたのに、母親は「ミルクは体が弱くなる」という考えを曲げません。自分なりに悩んでいたのに、そんなことを言われてさらにショックでした。

 2人目を聞いてくる

夫婦で「1人っ子でもいいね」と話し合っていたのに、母親から「次の子はどうするの?」「兄弟はいたほうがいい」と告げられました。妊娠の予定を聞き出すって、ちょっとデリカシーがないと思います。まとめ

実母に対するストレスは、「配慮のなさ」によるものが多いようです。次の子の予定など聞かれたくないことを尋ねられる、水分補給や母乳にしつこくこだわるといった行動が続くと、「もうほっといてよ」と感じるのも無理はありません。

ストレスを抱えて我慢しすぎないよう、思い切って「もうやめて」と告げてみるのも選択肢のひとつ。ときには、あえてお互いの距離を置いてみるのもいいでしょう。

引用元: 里帰り出産の意外な落とし穴!実母にストレスを感じる瞬間
Sponsored Link
Sponsored Link

先輩ママの5つのアドバイス

里帰りしないと決めたら、周囲のフォローが少ない分、事前準備は徹底しておいた方がいいようです。

先輩ママたちの貴重なアドバイスをまとめて見ました。

上の子の面倒&家事は夫に

先輩ママ

産前半月前から2ヶ月間の時短勤務(7時半に自宅を出て、18時に保育園のお迎えに行ける)に落ち着き、また産後3日間の特別休暇は取れるので、夫が対応することで調整しました。洗濯はもともと夫が担当でしたので、問題は食事。入院中は簡単なものをつくったり、外食したり、お弁当などを買って対応。退院後は、買い物はネットスーパーで、簡単な調理は私がやりました。夫が帰りにお惣菜を買ってくることもありました。

行政のサービス&ネットスーパーの登録

先輩ママ

上の子のお世話関係と、入院期間中の手配、1ヶ月間で使えそうな行政の制度やサービスを調べる。自分が住んでいる市町村のサービスを確認する。ファミリーサポートと産後ヘルパーがあれば、登録や手続きをすませておく。あとは、宅食とネットスーパーの登録もしましょう。あとは、入院中のために夫と上の子のごはんを作りおきしました。夫に頼みたいこと、最低限やってほしい家事の説明書なども用意しておきました。

陣痛タクシーの登録&赤ちゃんの肌着の水通し

先輩ママ

産前にやっておいたことは、自分の入院準備と陣痛タクシーの登録、赤ちゃんの肌着の水通しくらいだったかな。あとはふだんから自家製の冷凍食品を仕込んだりしていたので、産後食べられるようにちょこちょこ作っていました。宅食も検討しましたがこの値段なら、仕事帰りの夫にスーパーやコンビニで惣菜でも調達してもらえば良いかな?

日用品を買いだめ!

先輩ママ

1人目のときは産後1ヶ月くらい里帰りしてから自宅に帰ってきました。出産前はとにかく腐らない日用品は買いだめしました。1ヶ月分と言わず3ヶ月分は買いだめしておきました。
洗濯用の洗剤と柔軟剤、シャンプー・トリートメント・ボディソープや洗顔フォーム、化粧水などのスキンケア用品、食器洗い用洗剤やトイレットペーパー、ごみ袋やキッチンペーパー、ティッシュなどなど…。とにかく食品以外は買いだめしました。
結果的によかったです。3ヶ月日用品を買いに行かなくてすんだので楽でした。食品系はネットスーパー利用すればなんとかなったので、それほど買いだめはしませんでした。

万が一の時に相談出来る人

助産師さんのアドバイス

産後、実家に頼らず、夫婦で赤ちゃんを迎えようと考えているのですね。その気持ちを大切にしていいと思います。里帰りをしなければならない、ということはありませんし、夫婦2人では無理ということもありません。ただ、そう考えていてもお産で体調を崩してしまう可能性もあります。また、精神的に大変なとき、話せる人がいると安心です。自宅の近くでSOSを出せる場所、相談先を見つけておくといいですね。

里帰り出産 ストレスについてのネットの声は以下のとおりです。↓

里帰り出産 ストレスについてのネットの声

  • 実家に里帰り出産しました。妊娠中から、入院等が続いていたので止むを得ずという部分もありました。いわゆる、産後の肥立ちも悪く、実母に感謝はありますが、イライラさせられていました。しんどいや辛いなどがわかってもらえず、言い返す体力も復活せず、で。でも今思うのは、母へのイライラより夫の父親としての当事者意識の無さだったことに尽きる気がします。母が夫の代わりはできないのですから、当然です。里帰り出産すると、一番大変な時期を夫が見ることが少なく、その後の育児に影響したと感じています。もちろん、とても可愛い時期でもあるので、夫がそれを見れないことは、かわいそうだったね、と思います。
  • 私も2人目共に里帰りはしませんでした。母はまだ働いていたし実家は近かったのですが帰っても結局は一人だったので家で過ごすことを選択しました。ただ、ちょっとでも弱音を吐くと「ほら、実家で過ごせば良かったのに」と旦那も母と一緒になって言われたことがあり、それ以来泣き言は一言も言いませんでした。旦那からして見ればゆっくり寝たいの丸見え!意地でも帰りませんでした(笑)二人の子なのに任せきりっておかしくないですか?一番大変なのは1年間。ケンカもあったしイライラしながら余裕なんてなかったので果たして良かったのかなぁと思いますが、育児って疑問ばかりで過ぎていきますよね。今となっては…そんな頃あったなぁですよ(笑)
  • 一人目も、二人目も里帰り出産しました。親がいてくれて、サポートしてくれるのはかなりありがたかったし、二人目の時は、上の子ずっと見ててくれて、本当に助かりました。おかげでゆっくり休めたし、気晴らしもできました。実親でもイライラすることはありますが、それでも助けてもらった事の感謝の方が大きいです。
  • 里帰りしたくなかったけど、母が楽しみにしてたから無理して里帰りした。出産後に姑たちが赤ちゃん見にきてくれたのだけど、実母がイライラしてて義母たちにふんって無視して帰るという子供みたいなことされた。出産して1時間ってときに、変な空気に気を揉んでた。夜泣きがひどくて頑張ってたのに、ずっと一人で対応してて私には何もやらせてくれないと妹に愚痴り、少しはやらせてあげろと妹から叱られた。頼ったら頼ったで、愚痴るの目に見えてたのでどっちみちストレスの元。数年後二人目の陣痛が始まったときに、はぁ、男の子は一人は欲しかったなぁ、、だってさ。今から出産ってときに、姑じゃなくて実母に呆れなあかんってもう、、救いようがないわと絶望感でいっぱいになった。
  • 私自身、妊娠中に体調を崩したり別の病気で入院したりがあって、実家の母には本当にお世話になったし感謝ばかり。里帰り出産する娘側からの思いもあれこれあるのだろうけど、母側からの思いはもっとあるのかもしれないと思う。体力付けるために通うジムで、初めておばあちゃんになるのよと嬉しそうに語る年配の方も多い。娘さんの里帰り出産1ヶ月間をジムもお休みし、ゲッソリ痩せて戻って来られるけど、幸せそうに語る方の多いこと(笑)食事に気を遣ってあげて、子育てももちろん手伝って寝不足になる。新米おばあちゃん達のお話を聞いていると、そこには母娘関係の良さが伺える。
  • 実母と娘だから言わなくてもいいことを言ってしまうとこもある、年数重ねていくと思う、お互いに半分くらい譲ったらストレスも少ないかな。そもそも毒母の場合は、どうしようもありませんが…
  • 実母によると思います。全く気が利かず、肝心なときには助けず余計なことばかり言う実母もいて里帰りが疲労の原因になる人もいます。出産のあとは里帰りと定番のように言われますが、実母の性格や気立てなどを娘なりによく分析して里帰りをするかしないかを決めたほうがよいです。必要なときに自分の家に実母に出向いてもらったほうが気が晴れることも…。
  • 母子ともに順調ならば、1ヶ月検診が終わった頃〜お宮詣りくらいを目処に自宅に戻る勇気を持った方がいいと思います。
  • 里帰りをした方々に話をきいていたら1ヶ月過ぎから実親に対して感謝もあるけど、うざったく感じることが多くなった、という人も多数だったので。父性の育みには、無力な我が子と過ごす時間が必要なんじゃないかなと思います。家族になっていかないといけないから。体調がイマイチだったり、赤ちゃんが多胎児、あるいは何かトラブルがある場合は当然別
  • 里帰り出産は「助けてほしい。教えてほしい」以外にも実の母娘であるが故のストレス発散できる相手と言うように、知らず知らずのうちにしてしまっていたような気がします。母は母で、もどかしさを感じていたでしょうし、やはり「感謝の気持ち」を忘れていた気がして、申し訳なかったと反省しています。ストレスは気の持ちようで軽減できるものだと思いました。やはりコミュニケーションと思いやり、感謝の気持ちが大切ですよね。
  • 私も里帰り出産しました。自然分娩希望でしたが、緊急帝王切開となり、やっぱり里帰りして良かったと思いました。退院後は、自分の体のケアだけでも大変だったので、ご飯の上げ膳下げ膳はとても嬉しかったです。洗濯物も助かりました。掃除もしなくて良かったし(^_^;)娘の世話で、《泣けばすぐミルク》と思ってる実母でしたので、そこだけは煩わしく
  • 感じましたが、あとは感謝しかありません。夫は週末必ず来て、娘のお世話をしてくれました。ミルク、オムツ、沐浴を楽しそうにしてました。貴重な楽しい時間でした。私は里帰りして良かったです。
  • 娘が里帰り出産しました。まだ、私も主人も40代で仕事が忙しく全く構ってやれず、可哀想なことをしました。日本にも、産後1ヶ月、お母さんと小さな上の子供と共に、必要性最低限のケア だけ、提供してくれる回復施設が増えると、お互いに 良好ではないでしょうか。
Sponsored Link

コメント