Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「レオパレス」の株を買う旧村上ファンド系列会社の目論見とは?

Sponsored Link

一世を風靡した村上ファンドの役員が社長を務めるファンドが「レオパレス」の株を買い足しているとネットで話題になっているので調べてみました。

Sponsored Link

「レオパレス」の株を買う旧村上ファンド系列会社の目論見とは?

経営危機に瀕したレオパレス

レオパレス

賃貸アパート大手のレオパレス21が経営危機に瀕しているニュースが話題になっています。

5月10日に発表した2019年3月期決算は、補修工事費用の拡大で686億円もの巨額最終赤字に陥り経営の先行きが懸念されています。

686億円の赤字はリーマンショック後の2010年3月期に計上した790億円の赤字に次ぐ水準で、2015年3月期以来の無配当になったようですが、それまで配当を続けていた企業努力?!もスゴイと思まいます。

レオパレスは昨年5月、自社が手がけた賃貸アパートで建築基準法違反が発覚して以降、施工不良問題などで経営陣の責任が問われています。

こうした状況の中で、レオパレスの株価は5月10日の終値222円から5月27日の高値438円まで約2倍に上昇しました。

何でなんでしょうか?

旧村上ファンド系のレノが買い増し

株価上昇のきっかけとなったのは、投資会社レノ(東京都渋谷区)の「買い」のようです。

レノは旧村上ファンドの関係会社であり、「モノ言う株主(アクティビスト)」として有名です。

そのレノが5月14日に大量保有報告書を提出し、レオパレス株を買い集めていた事実が明らかになりました。

レノの投資対象となった企業

  • ダイナシティ
  • フレッグインターナショナル
  • ジョイント・コーポレーション
  • JVCケンウッド
  • アコーディア・ゴルフ
  • フェイス
  • ヨロズ
  • SBIホールディングス
  • MCJ
  • セブンシーズホールディングス
  • 黒田電気
  • イノテック
  • 新明和工業
    (wikiより抜粋)
Sponsored Link

村上ファンドとは?

村上世彰氏

村上ファンドが最初に世間から注目されたのは2000年です。

当時東証2部に上場していた昭栄(現ヒューリック)に、日本で初めて敵対的TOB(株式公開買い付け)を仕掛けたことで、一躍時の人となりました。

最盛期の村上ファンドの純資産総額は4000億円を超え、膨大な資金力を背景に東京スタイル、大阪証券取引所、阪神電気鉄道などの株式を次々と取得しました。

ライブドアがニッポン放送株を取得できたのは「村上ファンド」との共闘があったことなどが明らかになっています。

2006年にニッポン放送株のインサイダー取引容疑で代表の村上世彰氏が逮捕され、村上ファンドは解散。

その後、村上氏は活動拠点をシンガポールに移しています。

写真を見ると昔の頃とは印象が変わりましたね。

村上世彰さん

今回レオパレス株を取得したレノの代表取締役に、村上ファンドで当時企画課長だった三浦恵美さんが就任していますが、実質的な経営は村上氏が率いていると市場関係者は見ているようです。

レノはレオパレス株の買い増しで、5月23日にグループの保有割合は16.18%まで上昇しました。

その買い増しの理由として「投資および経営陣への助言、重要提案行為などを行うこと」としています。

レオパレス株の保有者とは?

レオパレス株はこれまで、英投資ファンドの「オディ・アセット・マネジメント」の動向が注目されています。

施工不良問題で株価が急落する中、レオパレス株を一貫して買い進めてきたからです。

「オディ・アセット・マネジメント」は現在、15.62%まで保有割合を増やしているが、レノの保有割合には及でいないようです。

なぜレオパレス株を買うのか?

オーナーから訴訟もされかれない危険な匂いのするレオパレス㈱をなぜレノは、買い増しているのでしょうか?

とても不思議な気がします。

そこでアクティビストファンド(モノ言う弁護士)の手法から考えてみよと思います。

アクティビストファンド

レノは旧村上ファンドの流れをくむ「アクティビストファンド」と言われています。

アクティビストファンドとは?

イベントドリブン型のヘッジファンドとも呼ばれるいますが、企業のM&A(合併・買収)、経営破綻、事業再編などのイベントを利用して収益を得る手法をいいます。

このようなイベントが引き金となり、株価が激しく上下する。

その値動きを収益機会と捉え稼ぎます。

アクティビストファンドの手法

アクティビストファンドの手法は大きく3つの流れがあります。

  • 値ごろ感のある上場企業の株式を取得
  • 株価が上昇したら手放し利ザヤを稼ぐ
  • 株主の権利をフル活用し、事業提案を行う

株主総会に合わせて増配や自社株買いなどの要求を突きつけることもあれば、役員を送り込んだり、経営にタッチするケースもあるります。

時には無理な増配などの要求をしたり、リクエストが通らないと取締役の解任を迫るなど、高圧的な態度や姿勢を見せることがあります。

アクティビストが投資対象とするのは?

株価が割安でキャッシュを比較的豊富に持っている企業です。

株価が一定水準まで上がった時点で売却し、投資収益を得るのが目的で、平均的な投資期間は1年から2年半程度です。

レノはレオパレスをどのように評価し判断して株を購入したのか気になるところです。

レオパレスのネットキャッシュ倍率は「割安」

キャッシュの度合いを測る指標に、「ネットキャッシュ倍率」という指標があります。

ネットキャッシュとは?

現金と有価証券など手元流動性資金から有利子負債を引いた金額のことです。

時価総額をネットキャッシュで割ったネットキャッシュ倍率が「小さい」ほど、蓄えている現金や預金が有効に活用されてない企業として、M&Aなど企業買収のターゲットになりやすくなります。

レオパレスの2019年3月末時点の現金および現金同等物は、前年より約150億円減少したものの830億1900万円

有利子負債は480億4500万円であるから、ネットキャッシュは349億7400万円もあります。

ネットキャッシュ倍率の計算式

ネットキャッシュ=830億1900万円-480億4500万円=349億7400万円 ネットキャッシュ倍率=489億7640万円÷349億7400万円=1.4倍

レノの買い占めが明らかになった5月初旬の株価は約200円です。

200円時点での時価総額は489億7640万円であるから、ネットキャッシュ倍率は1.4倍です。

ネットキャッシュ倍率が1倍割れということは、理論上、その企業の全株式を買えば、買収額より高い現・預金を得ることができるということになります。

株価が200円時点のレオパレスのネットキャッシュ倍率1.4倍というのは、1倍に近い水準なので、割安感が強いと考えたことが購入の一つの要因であったことは間違いないと思います。

Sponsored Link

6月27日の株主総会でどうなる?

2019年の株主総会は6月27日です。

レノからの厳しい要求が予想されるだろうと予想されいます。

レオパレスは現在、8人いる社内出身の取締役のうち、深山英世社長ら7人が株主総会で一斉に取締役を退くことを発表しています。

新たな取締役を加えた計10人で、社外取締役の割合をこれまでよりも増やし、企業統治の改善につなげたい考えのようです。

まとめ

最近のアクティビストファンドは、年金基金など機関投資家を味方につけて影響力を強めており、経営陣と対立した場合は、株主総会での多数決で議案を決めることが多いようです。

この多数決で議案を決めることを「委任状争奪戦(プロキシーファイト)」と言うようですが、レノがモノ言う株主として、レオパレスにどのような提案を行うか注目されています。 

確かに資金力が必要ですが、 この手法にリスクはないのでしょうか?

あるとすれば、もしも上場廃止になってしまった場合の多くの株は暴落します。

暴落せずに大手に吸収合併されることにより逆に株価も上がる場合もあり、どちらにしても素人が手が出せる範囲を超えているようですね。

Sponsored Link

コメント