Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ウォーレンバフェットも実践バリュー投資家の8つの行動規範

Sponsored Link

ウォーレンバフェットも実践バリュー投資家の8つの行動規範

ウォーレンバフェットに代表されるバリュー投資家とは一言で言えば”同じ価値なら1円でも安く買う”がモットーの投資スタイルであり、日常生活でも同じように実践しています。

Sponsored Link

ウォーレンバフェットも実践バリュー投資家の8つの行動規範

バリュー投資家とは「価値のあるものをお得に買う」人々のことです。

彼らは投資だけでなく、普段の生活からそのポリシーを実践しています。

それではバリュー投資家の実践スタイルを見てみましょう。

ウォーレンバフェットの行動原理

ウォーレンバフェットの投資方針は、短期に売買する投機スタイルでなく、自分が納得するまで徹底して価値分析をした上での長期投資です。

「なぜ自分は現在の価格でこの会社を買収するのか」という題で一本の小論文を書けないようなら、100株を買うこともやめたほうがいいでしょう。」

ウォーレンバフェット

「喜んで10年間株を持ち続ける気持ちがないのなら、たった10分間でも株を持とうなどと考えるべきですらありません。」

ウォーレンバフェット

具体的に考えるプロセスを見てみましょう。

ローレックスの再販価値

再販価値を考えると、ちょっとした贅沢も可能になります。

例えば、腕時計のロレックスは、価格がほとんど落ちないどころか、上がることさえあります。

同じ腕時計をするなら、1万円のものならそれっきりの「消費」で終わりますが、100万円のロレックスなら、買い換える時に売ると110万円になっているかもしれないのです。

買った時点でマイナス1万円とプラス10万円では、期待値が違います。

Sponsored Link

株を買う時も同じ発想

株を買う時も同じように考えなければなりません。

本当にいい銘柄は、人気が高まると大きく上がります。

例えば、ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド<4661>はPER70倍と超割高ですが、株価は衰えるところを知りません。

オリエンタルランド<4661> 月足(SBI証券提供)
オリエンタルランド<4661> 月足(SBI証券提供)

逆に、単に割安さだけを求める投資だと、大きな損はしないものの、なかなか上がらない「バリュートラップ」にはまってしまうことが珍しくありません

バリュー投資家は、この点に最も気をつけなければならないのです。

世界を代表するバリュー投資家のウォーレン・バフェットも以下のように言っています。

そこそこの事業を割安で買うより、素晴らしい事業をそこそこの値段で買ったほうがいい

ウォーレン・バフェット

人の目より自分の信条を大切

ウォーレンバフェットとビルゲイツ

ロレックスは買っても、バリュー投資家の本質は、自分が価値が見いだせないモノには一切さいお金を使いません。

バフェットも、着ていた服からホームレスに間違えられるほどの倹約ぶりでした。

明治~昭和にかけて現在の価値にして400億円の資産を築いた本多静六も、生涯質素を貫いたと言います。

なぜそんなにお金があるのに、ドケチを貫くのでしょうか。

それは、バリュー投資が習慣の産物に他ならないからです。

ものを買うときに、その金額を払う価値が本当にあるのかどうか考える癖をつけると、無駄な出費を抑えることができます。

この習慣は、そのまま投資にも応用できます。

なぜなら、バリュー投資の本質は、価値と価格の差によって利益をあげることだからです。

株を買うときに考えることは、それが本当にいい会社なのか、そして今の価格がその会社の価値に見合っているのかどうかです。

どれだけ複雑な分析をしようと、最後はこれに尽きます。

逆に、バリュー投資で失敗するのはこの見極めを怠った時です。

バリュー投資家の三段論法

3段論法

以下の3つのことを考える必要があります。

  1. 買いたい品物や銘柄の価値とは何かをじっくり考える。
  2. 価値が確かなものだと確信出来るまで考える
  3. 価格がその価値に見合うか考える。

ただし、その時点ですぐに買ってしまっては、バリュー投資家ではありません。

本当の買い時は、バーゲンセールになった時です

どんなに良い品物でも、全品一律割引になることがあります。

最近だと、キャッシュレス決済の20%還元なども珍しくありません。

相場が調整に入る時がチャンス

株式市場では、年に数回相場全体が調整に入ることがあります。

このときは、どんなに良い銘柄でも値下がりする、まさにバーゲンセール状態となります。

直近だと昨年末、クリスマスショックの頃でしょう。

バリュー投資家は、このようなときに初めて株を買うのです。

バリュー投資家の行動原理

  1. ものの価値を見極める
  2. 価格が価値に見合うかを考える
  3. バーゲンセールで買う
Sponsored Link

適切な価値を1円でも安く買う

「適切な価値を1円でも安く買う」生活スタイルを続けていると、いつの間にかお金が貯まってくるでしょう。

実は、それこそが資産形成の鍵を握ります。

長期投資では資金を回転させないため、株を買っていくとあっという間に資金が尽きてしまいます。

そもそも投資を始めるにしても、元手がないことにはスタートラインにも立てません。

それを解決するのが、バリュー投資の考え方です。

少しでも余分な出費を減らし、元手に充てることこそが、投資で成功するための出発点

特に運用資金が少ないときほど効果を発揮します。

巷では、老後に2,000万円が必要と話題になっています。

もちろん運用で増やすことも大切ですが、元手がないことには始まりません。

千里の道も一歩からと言いますが、まずは月1万円からでも出費を減らし、貯蓄に充てることが大切なのです。

まとめ

バリュー投資家の考え方が単なる節約と違うのは「価値」を重視する点です。

単なる節約だと、あれもこれも「使っちゃだめ」と考え、息苦しくなってしまいます。

しかし、価値に重きを置けば、自分の欲望は無理に抑えることなく、少しでも安い手段を見つけることになります。

もし老後までに十分なお金が貯まらなかったとしても、価値を見極めて余分な消費をしなければ、少ないお金で楽しく過ごすことができます。

「価値」と「幸せ」が同意語だとすると「価値」に重きを置くバリュー投資家は「幸せ」だと仮定出来るかも知れませね。

Sponsored Link

コメント