パスポートランキング 2019年 日本3年連続1位

更新日

パスポートランキング2019年 日本連続1位

2020年ビザなし入国可能な国や地域が一番多い国は日本です。

今年は東京オリンピックもあるので日本の国としてイメージアップのためにもパスポートランキングの順位は上げておきたいところです。

イギリスのコンサルティング会社ヘンリー・アンド・パートナーズが今年1月に発表したパスポートランキングによると日本は3年連続1位です。

ランキングは同社が航空運輸業界団体である国際航空運送協会IATAのデータをもとにまとめたそうです。

パスポートランキング2020年 日本連続1位

なぜ日本は3年連続で1位なのか?

日本のパスポート
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は パスポートランキング01-422x450.png です
2019パスポートランキング

パスポートランキングの算定基準は、旅行先ごとに、国または地域のパスポート所有者にビザが不要な場合+1ポイントが加算され、入国するときにビザが取得可能な場合も+1ポイントが加算されるというものです。

ビザか必要な国にはポイント加算はありません。

現在、日本は68ヶ国と地域にビザ免除プログラムを実施しています。

これが、日本パスポートが世界最強パスポートと呼ばれる所以です。

ちなみに、各国パスポートの合計スコアは、下記の計算方法で加算します。

参考:ビザ免除国・地域(短期滞在) | 外務省

パスポートランキング TOP10

RankCountryScore
1Japan190
2Singapore189
3Germany188
3France188
3South Korea188
4Denmark187
4Finland187
4Italy187
4Sweden187
5Spain187

最新の2020年版では、日本は191カ国・地域3年連続の1位です。

2位はシンガポール(190カ国・地域。以下同)、3位は韓国とドイツ(189)です。

韓国は前年から順位を1つ下げました。

この他の国は以下のとりです。

  • 4位はイタリアとフィンランド(188)
  • 5位はスペインとデンマークとルクセンブルク(187)
  • 6位はスウェーデンとフランス(186)
  • 米国と英国は8位タイ(184)
  • カナダと豪州は9位タイ(183)。

また、香港は2つ順位を下げて20位(169)、台湾は4つ下げて32位(146)、中国は3つ下げて72位(71)、北朝鮮は100位(39)、最下位は107位のアフガニスタン(26)です。

参考:パスポートランキング2018 発表 日本世界1位! 意外?!北朝鮮

日本のパスポートで行けない国

日本の最強パスポートでも行けない国もあります。

でも、行きたい…。

そん時は、渡航先国の日本の大使館・総領事館に確認しましょう。

※以下、日本のパスポートで行けない国の一覧です。

リンクは、現地の大使館もしくは領事館のサイト情報です。

アジア

アフガニスタン、ブータン、北朝鮮、トルクメニスタン
北朝鮮は日本の大使館・領事館がなさそうですが、旅行会社でビザの手配が出来るようです。

参考:中外旅行会社 朝鮮入国査証のご案内

アフリカ

アルジェリア、アンゴラ、ベニン、ブルンジ、カメルーン、中央アフリカ、チャド、コンゴ、コートジボワール、エリトリア、赤道ギニア、ザンビア、ガーナ、リベリア、リビア、マリ、ニジェール、ナイジェリア、ソマリア、スーダン、南スーダン

アフリカは21ヶ国がビザが必要なようですが、南アフリカは要らないようです。

オセアニア

ナウル

なぜナウル?どこにあるの?と思う方も多いと思います。

実際に日本人で現地へ行かれた方の体験談がとてもいいのでご紹介します。

参考:ナウルのビザを取得するためには – xarsh

カリブ海

キューバ

中東

イラク、シリア、イエメン

※この3ヶ国はパスポートランキング ワースト TOP5に出てくるのでよっぽどの用事がなければ行かないの方がいいかもです。

パスポートランキング ワースト TOP5

パスポートランキングのワーストTOP5の順位は紛争国がメインですが、海外へ渡航する以前にパスポートを取得するのが難しいのでは…とちょっと心配になってしまいます。

  1. アフガニスタン 26
  2. イラク 28
  3. シリア 29
  4. ソマリア・パキスタン 32
  5. イエメン 33

ちなみ、ナショナルジオグラフィックの調べによると、女性が旅行をするのに危ない国TOP5パスポートランキングのワーストTOP5のうちの3か国アフガニスタン、シリア、イエメンが含まれています。

参考: 2019年版女性が旅するのにいい国と危ない国

パスポートインデックス動画

Henley Passport Index January 2020

世界のメディアの反応は?

  • 香港メディア香港01は、「世界最強パスポート、日本が1位」「191カ国・地域にビザなしで入ることができる日本は、ランキングのトップの座を守った。中国は72位だった」などと伝えた。
  • 台湾メディア:ETtodayは「2020年に最も使えるパスポートランキング、日本が3連覇、台湾は32位」と伝えた。
  • 仏メディアAFP通信「アジアのパスポートは世界一」とし、日本やシンガポール、韓国が上位を占めたことに言及。また、台湾や香港、マレーシアなども比較的上位に入ったことを挙げる一方で、「ただ、中国は72位で71カ国・地域にしか直接(ビザなしで)行くことはできず、インドネシア、ケニアと同等(同じ順位)だ」と指摘している。
  • 米国メディア:CNNは同率8位だった米国と英国が5年前の2015年にはそれぞれ1位だったとし、順位が下がり続けていると報道。欧州連合(EU)離脱問題を抱えている状況において、英国のこうした下落傾向が直ちに改善することはないだろう、とCNNは分析している

※ なお、アラブ首長国連邦(UAE)は18位で過去10年間に47ランクアップしました。

まとめ

パスポートランキング算定基準の一番である理由は、ビザの相互免除の協定を結んでいるかどうかと言われています。

「ビザなしで来ていいからビザなしで行くよ」的な国家間の取り決めですが、どんどん相互免除してしまえばいいのかというとそうでもありません。

人気のある国へ後進国から不法移民や労働者が増えて犯罪が増えて取締りが必要となるからです。

そのリスクを抱えながらも日本が3年連続でパスポートランキングで1位になる理由は、オリンピックの開催が近いことと、観光立国として外国人にどんどん日本へ来て欲しい戦略があるようです。

こんなカワイイパスポートカバーがあるの知ってますか?
Amazonで売ってます。

こんなパスポートカバーなら旅の門出にぴったりな縁起物ですよね。