食事

実年齢より10歳若く見える人が好む食べと若く見える特徴とは⁉

2020年12月23日

実年齢より10歳若く見える人が好む食べ物を教えて欲しい。

疑問に思っている人の役に立つ記事になっています。

こんな方におすすめ

  • 実年齢より10歳若く見える人が好む食べ物を知りたい人
  • 実年齢より10歳若く見える人の特徴を知りたい人

なぜならば、これから紹介する『実年齢より10歳若く見える人が好む食べ物と特徴とは⁉は、その道の専門家によって効果が検証された内容だからです。

この記事の前半『実年齢より10歳若く見える人が好む食べ物を説明します。

そして、記事の後半では『実年齢より10歳若く見える人の特徴』を説明します

この記事を読み終えることで、実際に実年齢より10歳若く見える人が好む食べ物と特徴が分かります。

それでは一緒に見てみましょう。
ジョージ

実年齢より10歳若く見える人が好む食べ物と特徴とは⁉

老化は避けて通れない自然なことです。

しかし、あなたが食べる食品は、身体の内側と外側の両方からアンチエージング効果があります。

ここでは、実年齢よりも若くみえる人が好む食べ物をご紹介します。

実年齢より10歳若く見える人が好む食べ物

エキストラバージンオイル

エキストラバージンオリーブオイルは、加齢に伴う多くの病気の予防に役立つ可能性があります。

  • 血圧を下げ
  • 心臓病のリスクを減らし
  • メタボリックシンドロームの予防

などに役立ちます。

また、オリーブオイルはお肌を若々しく見せる効果もあると言われています。

動物や実験室での研究では、オリーブオイルには強い抗炎症作用があり、日焼けによるダメージから肌を守る効果があります。

さらに、オリーブオイルの約73%が一価不飽和脂肪で構成されており、肌の弾力性とハリの向上と関連しています。

ポイント

オリーブオイルには強い抗炎症作用があり、肌の弾力性を保護し、日焼けによるダメージのリスクを減少させる可能性があります。

この値段でスパイン産のエキストラバージンオリーブオイルはありません。

アマゾンの口コミでも

緑茶

緑茶には、抗酸化物質が多く含まれています。

日本人には馴染み深い緑茶ですが...

緑茶には、特にポリフェノールと呼ばれる抗酸化物質が多く含まれており、糖尿病やインスリン抵抗性、炎症、心臓病に効果があることが分かっています。

また、ポリフェノールは、お肌の主要なタンパク質であるコラーゲンを保護するのに役立ち老化を遅らせる効果があります。

ポイント

緑茶は、太陽のダメージからお肌のコラーゲンを保護する強力な抗酸化特性を持っており、老化を遅くする効果があります。

オメガ3の多い魚

オメガ3脂肪分の多い魚は、まさにアンチエイジング食品です。

その長鎖オメガ3系脂肪は、心臓病、炎症、潰瘍性大腸炎など、多くの疾患に 対して効果があることが分かっています。

脂身の多い魚の中でも特に人気の高いサーモンには、お肌を若々しく見せるための追加成分が含まれています。

ポイント

オメガ3脂身の多い魚は、炎症や日焼けに反応して起こる皮膚のダメージから保護してくれます。

また、サーモンに含まれるアスタキサンチンは、肌の弾力性と水分補給を改善します。

参考養殖サーモン生産者は絶対に食べない!安全でない4つの理由

ダークチョコレート

ダークチョコレートの抗酸化力はアサイーベリー、ブルーベリー、クランベリーよりもさらに強力です。

ダークチョコレートの効果とは、

  • 血圧を下げ
  • インスリン感受性を高め
  • 動脈機能と弾力性を向上させる

などの可能性があることが分かっています。

チョコレートにはフラバノールと呼ばれる抗酸化物質が含まれており、さらに太陽のダメージから肌を守る働きがあります。

皮膚機能に関する高フラバノールと低フラバノールを比較した研究では、高フラバノールのグループの人々は、

  • 皮膚への血流が良くなり
  • 皮膚の厚さ
  • 水分補給
  • 滑らかさ

など改善されました。

ポイント

フラバノール含有量の高いダークチョコレートは、肌の潤いや厚み、滑らかさを向上させます。

カカオの含有量が多いほど、フラバノールの含有量が多いので、カカオ固形分が70%以上のダークチョコレートを選ぶようにしましょう。

明治チョコレートのカカオ95%大容量ボックス 800g

値段も手頃でプレゼントにも喜ばれる一品です。

アボカド

アボカドは、心臓に良い脂肪、食物繊維、健康に欠かせないいくつかのビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

アボカドにはポリヒドロキシル化脂肪アルコールと呼ばれる化合物が含まれ、

  • 炎症と戦い
  • 太陽から肌を守り
  • 傷ついたDNAを修復する

などの働きをします。

さらに、一価不飽和脂肪、抗酸化物質のルテインとゼアキサンチンを多く含むアボカドは、強力に肌とDNAをさらに保護します。

ポイント

アボカドは、太陽に関連した皮膚の損傷を防ぎ、皮膚細胞のDNAを保護するのに役立ちます。

トマト

トマトは野菜の中では糖度が高く、ビタミンA、Cを豊富に含みます。

また、トマトの赤い色素であるリコピン(カロテノイド)に抗酸化作用があり、生活習慣病の改善を促すとして注目をあびています。

リコピンの具体的な効果

  • 心臓病
  • 脳卒中
  • 前立腺がん

などのリスクを軽減します。

ある研究では、リコピンを食べた女性は、15週間後にしわが減ったとの報告もあります。

また、トマトをオリーブオイルなどと一緒に調理すると、リコピンの体内への吸収率が高まります。

トマトにはリコピンが多く含まれており、太陽のダメージから肌を守り、シワを減らすのに役立します。

ボーンブロス

ボーンブロスは、最近、健康志向の人たちの間で非常に人気があります。

ボーンブロススープは、肉や鶏肉、魚の骨を長時間調理して作られています。

ボーンブロススープ自体に関する研究は公表されていませんが、スープに含まれるコラーゲンが老化の兆候を軽減するのに役立つと言われています。

調理すると、コラーゲンはゼラチンに分解され、

  • グリシン
  • プロリン
  • ヒドロキシプロリン

などのアミノ酸を豊富に含みます。

これらのアミノ酸を吸収し、お肌に新しいコラーゲンを形成することができます。

コラーゲンを摂取することで、肌の弾力性、潤い、ハリが向上し、シワを減らすことができることが分かっています。

ポイント

ボーンブロスにはコラーゲンが多く含まれており、肌の弾力性を改善し、シワやその他の老化の兆候を軽減します。

10歳若く見える人の特徴と生活習慣とは⁉

10歳若く見える人の特徴

いつまでも「若々しい」と感じる人には、具体的にどのような共通点があるのでしょうか?

参考若く見える人画像 実際に10歳以上!? 身体特徴と生活習慣とは?

若く見える人は髪と肌がきれい

美しい髪も、若く見えるポイントの1つです。


  • 髪にツヤがある

    髪にツヤのあるきれいな髪だと、若々しい印象になります。


  • 美しい肌

    若さを感じるポイントといえば、なんといっても美しい肌です。


  • 透明感のある肌

    くすみのない透明感ある肌は、女性にとって憧れでもあります。


肌や髪のツヤを維持するためには、ダメージを極力少なくして、 栄養をプラスしてあげることが大切です。

姿勢や動作がキビキビしている

若く見える人は、姿勢もピンと綺麗に伸びています。

人って、姿勢が違うだけでも、かなり印象が変わります。

姿勢が良くなることで、自信があるイメージができあがります。

動作がゆっくり緩慢な印象だと、どうしても年齢を重ねている印象になってしまいがちです。

いつまでも若く見られたいなら、動作を素早くテキパキとしましょう。

シャキッとした姿勢で素早く行動できるのは、体力が十分ある証拠でもあります。

そのことも、若く見える理由です。

ポジティブでよく笑う

何歳になっても、笑顔の女性は魅力的に映るものです。

多少のほうれい線が気になったとしても、笑顔である女性は、若く魅力的に見えるものですよ。

いつも笑顔の女性は若く見えるだけでなく、不思議とそばにいたいと思う人も多くいるはずです。

若い人はよく笑います。いつも楽しそうな雰囲気で、新しいことにどんどんチャレンジするワクワク感を持っているからです。

こうした若い人特有のポジティブな面を持っている人は、年齢がいくつであっても若々しく感じられます。

明るい表情で生き生きしているため、顔色が自然と良く見えるというワケです。

また、どんなときでも笑顔で楽しそうにしている様子は、純粋そうな印象を与えます。

そして、その分若く見えます。

トレンドに敏感でアクティブ

さまざまなことにアンテナを張り、興味があることはすぐに調べて挑戦する。

そんなアクティブさがある人も、若々しく見えるものです。

年を重ねると、失敗した経験も増え、ついいろいろなことに消極的になりがち、何にでも好奇心を持つ姿勢や、挑戦するアクティブさは、いつまでも忘れないようにしたいものです。

フットワークが軽く、いつでも外に出かけて新しいことを取り入れてくるのも、若々しい人の特徴です。

休日のたびに、話題のスポットを訪れるといった具合に、アクティブに過ごします。

若見えする人が、こんなにも意欲的に行動できるのは、健康と意欲の両方があるからです。

体も気持ちも元気だからこそ、いつでも精力的に行動できます。

はやりのアーティスト・グルメ・ファッションなどを取り入れるのにも余念がありません。

若く見える人に共通する生活習慣とは⁉

自分に合ったストレス発散法

実年齢より若く見える人は、自分に合ったストレス発散法がある人がほとんどです。

男性であれば筋トレをしたり、サーフィンやアウトドアなど自分がリフレッシュする方法をよく分かっています。

女性でも、スイミングやエステ、そしてヨガ教室などに通っている方って年齢不詳の人が多いと思いませんか?

医学的にも、その理由が分かっています。

染色体の末端部にあるテロメアが人間の老化に関係していることが分かっています。

このテロメアが短ければ短いほど早く老化します。

そしてこのテロメアを著しく縮じめてしまう原因がストレスにあることが研究者の発表で分かっています。

老化の回数券テロメア

テロメアは、細胞が分裂するたびに短くなっていき、ある程度まで短くなると細胞はもう分裂できなくなります。そのため、「老化の回数券」と呼ばれるています。実際、赤ん坊のテロメアは長く、老人のテロメアは短いという。

引用元:Wiki

研究で証明されたのは、テロメアを著しく縮めてしまう主な要因は、ストレスということです。

老化の回数券を使わずに済む解決策があるんです!

それは瞑想すること。

数多くの研究によりテロメアが短くなってしまうのを防ぐには瞑想をするこが大切だと発表されています。

家族と時間を過ごす

となると一番近いは家族の存在ではないでしょうか。

先ほどのテロメアの研究と同じように安全で楽しい生活環境にいる人の方がよりテロメアが長いことが分かっています。

テロメアが長い人は、孤独な人に比べて、年齢を重ねても既婚者やパートナーがいたり、同性でも友達が多い人が長いことが分かっています。

年齢を重ねても既婚者やパートナーがいたり、同性でも友達が多い人は、孤独な人に比べてテロメアが長いことが分かっています。

➡仲のいい友人でもOK

オーストラリアの研究者の発表によれば、

家族のつながりが薄い人でも仲のいい友達が6人いればOKみたなので、定期的にBBQとか海行くとかアトラクションを組んで交流を図ってみるのもいいですね。

食事は腹八分目にする

実年齢より若く見える人は、食事を満腹になるまで食べません。

その理由は、必要以上に食べると内臓の負担が多くなり、太る原因にや生活習慣病の原因にもなると言われています。

身体の消化→吸収→排泄のメカニズムについては下記リンクを参考して見て下さい。

研究者が二つのサルのグループを二年間観察した結果、低カロリーの食事をしているサルの方が全体的に長生きをすることが分かりました。

どうしても、いつもの食事量を減らしたくないと言うのであれば、食事をアンチエージング・フードに変えてみてはどうでしょうか?

➡アンチエージング・フード

クルミ、マッシュルーム、ゴマ、ダークチョコレート、オリーブ、ブルーベリー、サーモン、ピーマン、パイナップル、ヨーグルト、ブロッコリー、ほうれん草、アーモンド、大豆食品、レモン・ライム、豆類、オレンジect.

上記リストの中から好きな食べ物を選んで一日の内に一回位は食べてみてもいいかも知れません。

特にクルミはアンチエージングの抗酸化物質をたくさん含んでいます。

食生活の急激な改善は、ストレスにもなりますので、少しづつ時間をかけて行った方がいいでしょう。

本を読む

食事や運動も大切なのですが、本を読んだり、勉強をすることにより脳の神経細胞であるユーロンが増えます。

これにより脳を若く保つことが出来ることが発見しました。

年をとっても頭がよくなる方法については下記を参考にして見て下さい。

読書、勉強、外国語の習得など脳がアクティブに動くことにより老化が遅くなるということです。

芸能人で言えば、池上彰さんは68歳ですが、著書を発表しテレビでも活躍していますよね。

タモリさんとビートたけしさんは共に71歳とは言え、全く衰える気配さえありません。

この三人に共通するのは好奇心旺盛で読書家であるということです。

紫外線は避けている

実年齢より若く見える人は、紫外線を避けている人が多いようです。

紫外線は人の肌にダメージを与えます。

晴れていようが、雲もっていようが、冬だろうが関係ありません。

紫外線は肌の弾力性を保つ組織であるエラスチンを破壊するだけでなく、しわやシミの原因にもなります。

➡ビタミン摂取

抗酸化物質は体にとってとっても重要です。特に顔の老化を防ぐには抗酸化物質の入ったクリームを塗ることにより加齢のスピードを落すことが出来ます。

老化を遅らせすもっともいいビタミンはビタミンE,ビタミンC...

さらに若さを保ってくれことで有名はオメガ3に注目してもいいようです。

SPF30の日焼け止めを塗ることにより低減出来ると研究者が発表しています。

季節に関係なく、この日焼け止めを毎日塗る人は肌の質感が驚くほど改善されるようです。

15分以下であれば、ビタミンBを摂取するチャンスとも言えるの日光が全てダメではありません。

良質の睡眠をとる

実年齢より若く見える人は、例外なく良質な睡眠をとることを心がけています。

毎日7時間の睡眠をとることがとても大切であるとハーバード大学医学部の科学者達が研究を発表しています。

血圧を適正状態に保ち、脳卒中や心臓発作のリスクを抑える働きがある。

お茶を飲む

コーヒーを飲む人よりお茶を飲むん人の方が長生きをすることがイスラエルの研究者より発表されました。

お茶にはポリフェノールという抗酸化物質がたくさん含まれており、老化を予防する手助けをしてくれます。

➡目安は一日お茶を3杯~5杯

また、フィンランドの研究者によるとパーキンソン病にかかるリスクをお茶を飲むことで軽減できると発表しています。

まとめ

『実年齢より10歳若く見える人が好む食べと特徴とは⁉』のまとめです。

実年齢より10歳若く見える人が好む食べ物は全部で7つありました。

  1. エキストラバージンオイル
  2. 緑茶
  3. オメガ3の多い魚
  4. ダークチョコレート
  5. アボカド
  6. トマト
  7. ボーンブロス

次に、10歳若く見える人の特徴と生活習慣です。

そして、10歳若く見える人の特徴は以下の4つです。

  1. 若く見える人は髪と肌がきれい
  2. 姿勢や動作がキビキビしている
  3. ポジティブでよく笑う
  4. トレンドに敏感でアクティブ

いつまでも若さをキープしている人は、肌や髪がきれいで、行動的で、いつも笑顔という特徴があります。

若く見える人に共通する生活習慣は大きく分けて以下の7つです。

  1. 自分に合ったストレス発散法
  2. 家族と時間を過ごす
  3. 食事は腹八分目にする
  4. 本を読む
  5. 紫外線は避けている
  6. 良質の睡眠をとる
  7. お茶を飲む

ポイントは、生活が整っているという点です。

バランスの取れた食事・十分な睡眠・適度な運動のバランスがとれた生活習慣があるからこそ、いつまでも若々しい特徴を保っていられます。

髪型やメイクで若さを演出することもできますが、それはベースとなるあなた自身が若くあるからこそ、映えるものです。

メイクやヘアスタイルに気を遣いながらも、スキンケアや運動を継続することが大切です。

残念ながら、実際に時間を戻す方法はありませんが、健康的な体型を維持するコツは、健康的な健康習慣を身につけることです。

適度な運動や健康的な食事を心がけることが、いつまでも若々しくあるコツにあります。

  • この記事を書いた人

ジョージ

金森式自重筋トレブロガー【経歴】海外不動産ビジネス→海外30ヶ国→食品衛生責任者→スポーツ居酒屋経営→orpelas.com 運営→金森式スタート→5ヶ月で12kg金森式ダイエット成功→【食べて寝て鍛える】三位一体で健康長寿を目指しトレーニング中 ●趣味はブログと読書で東京出身バツ2独身

-食事
-, ,